犬の慢性膀胱炎 膀胱壁の肥厚 前立腺嚢胞

症例紹介

●犬の慢性膀胱炎(過去の手術痕による膀胱壁の肥厚)と前立腺嚢胞

 当時8歳 未去勢雄のシーズーさん、ラッキーちゃんが尿結石症についての相談で来院されました。過去にラッキーちゃんは2ヵ月前に結石が詰まって尿道閉塞を起こし、膀胱破裂となったため、以前のかかりつけの先生に緊急で手術治療してもらった既往歴があります。ラッキーちゃんのお母さんは手術後、排尿回数が1日7-8回であり回数が多くなっていること、念のために禁止されていたおやつを再開できるかの2点について精査して欲しいとのことでした。

 初診時、尿検査および腹部超音波検査では4つの異常が認められました。

写真①

飼い主さまには以下のご説明を致しました。

 その後、お菓子の再開がラッキーちゃんに悪影響を与えている様子がないか半年間の経過観察を行いました。今回の検査ではラッキーちゃんにとっておかしが、明白に結石や排尿状態に悪影響を与えていない事がわかりました。膀胱壁の肥厚については内科治療では効果が見られず、血尿は散発的に認められました。

 次の治療方法として内科治療では改善が認められない膀胱の肥厚している部分をきれいに切除してあげる事で正常な膀胱の状態に戻す方法を提案致しました(膀胱部分切除術による治療)。飼い主さまは膀胱の手術と併せて、前立線肥大および嚢胞に対する治療として去勢の手術も同時に希望されました。

写真②

術後1週間は頻尿と尿の最後に血液が認められましたが、術後2週目の抜糸時には排尿回数は1日4回ほどになり血尿も改善したとのことでした。術後の3ヵ月目の検診時は膀胱壁も正常な厚さに戻りました。今のところ、腎臓の結石も尿と一緒に良好に排泄されている様子です。長かったねラッキーちゃん!そろそろ10歳!まだまだ元気に可愛くね!

写真③

 

→症例紹介一覧へ