一般診療、避妊手術、去勢手術、歯科処置・予防医療、腫瘍診療に対応した犬・猫専門の動物病院です。

病院のご紹介

待合室

ごあいさつ

院長:深堀祥光
院長:深堀祥光

「Lien リアン」とはフランス語で“絆”を意味します。口の開けないペットと飼い主様との“絆”の架け橋となるような病院を目指しています。
当院では十分な説明をし、飼い主様の理解を得た上での治療を心がけています。
一般診療、避妊手術、去勢手術、歯科疾患・ワクチン等の予防医療をはじめ、二次診療施設における診察経験をいかし、腫瘍疾患や心臓病、腎臓病、尿路疾患、骨・関節および脱臼の病気、肝臓病、ヘルニアやてんかんなどの神経病、貧血など血液病、口内炎や歯科疾患、難治性の胃腸疾患、皮膚病など、様々な疾患にも対応します。
より専門的な治療や検査機関を必要とする場合は、飼い主様のご希望に応じて、大学病院や各種専門医療機関と連携しながら診療を進めます。
1件1件時間をかけて診療を行うため、お待たせすることもあるかと思いますが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

リアン動物病院 院長 深堀祥光(ふかほり よしみつ)
院長プロフィール
2006年
日本大学生物資源科学部獣医学科 卒業
2006年4月~2008年3月
神奈川県動物病院勤務
2008年4月~2010年3月
麻布大学附属動物病院 全科レジデント
獣医高度技術研修事業臨床研修修了
2010年4月~2014年3月
麻布大学附属動物病院 腫瘍科レジデント
2013年12月
リアン動物病院 開院
2015年4月~
日本獣医生命科学大学 外科学研究室入室
研究テーマ:整形外科、神経外科疾患の診断および治療
【学会発表】
  • ●平成22年度 日本比較臨床医学会第41回学会集会
    演題『形質細胞腫瘍に併発した重度の過粘調症候群、腎不全および高カルシウム血症に対して血漿交換を実施した犬の1例』
  • ●平成23年度 第6回日本獣医がん学会
    演題『放射線療法により長期的にQOLが維持できている鼻腔腺癌の1例』
  • ●平成25年度 第8回日本獣医がん学会
    演題『7年間観察したミニチュアダックスフンド直腸腫瘤の1例』
  • ●平成25年度 第9回日本獣医がん学会
    演題『進行した猫の悪性乳腺腫瘍に対し緩和的放射線治療を実施した2例』

【雑誌投稿】
  • ●JONCOL 小動物腫瘍臨床 2014年1月号 NO.16
    『進行した猫の乳腺癌に対し小分割放射線治療を実施した2例』

診療科目・内容

【診療対象動物】犬 猫
【当院で可能な検査項目】 心電図検査、糞便検査、尿検査、血液検査(特殊な項目に関しても検査可能)、レントゲン検査、心臓および腹部臓器の超音波検査、細胞検査、提携会社による外注検査も可能です。

【症例紹介】
院長が担当させていただいた患者様をご紹介させていただきます。
当院では、安全な麻酔・手術を実施するため手術前に必要な検査をさせていただき、麻酔や手術のリスクをできるだけ少なくできるよう努めております。
手術の術式、手術の合併症および術後の注意点など書面にて説明しております。
→症例紹介はこちらをご覧ください。

サポート体制

近年、難病や複数の病気を抱えて悩んでいる患者様、難易度の高い外科手術が必要である患者様または、抱えている病気が重症でありより高度な入院施設が必要な患者様が多く来院されます。
それらに対応すべく、設備の充実、スタッフの充実、最新技術の習得、衛生管理等には特に力を注いでおりますが、当院では対応できない患者様もいらっしゃいます。その場合は他の専門病院、大学病院、夜間救急施設、検査センター等と綿密な連携をとり、より快適な検査や治療を提供できるよう心がけております。セカンドオピニオンも受付けております。お気軽にご相談下さい。

サポート体制

施設紹介

外観
外観
診察室
診察室
待合室
待合室
手術室
手術室